2014年11月19日

マルイ M&P カチカチのコッキング2





マルイ M&P9 カチカチのコッキングを何とかする企画の続きです

上の2枚の画像の矢印を見比べて貰うと分かりやすいと思うのですが
出っ張りの高さは変わらずスライド後ろ側から少しテーパーが付いているのが確認出来ますでしょうか?

コッキングが硬い原因を考えてスライド側やフレーム側とにらめっこしていました
するとスライド側ハンマーの当たり始めがブリーチの直角の壁になっている部分から当たり出して
最終的に出っ張りの頂点迄スライドしてコッキングされます

普通に考えれば無理した構造に思えるんでこの小スペースで何とかするなら当たり始めからコッキングされるまでをテーパーにしてやれば。。。と考えました

早速作業にとりかかります



ブリーチの分解は何時ものマルイさんの作りですからブリーチを留めてある感じのネジを外して
スライドを広げれば簡単にブリーチが取れます

ただ今回は画像右下の黒いやつがリターンスプリング辺りから出てきましたw
最近のガスブロはハイパワーだしスライドが割れない様にゴミ詰めデチューンですね?
流石ですマルイさんw

これを見て思い出したけど私が始めて買ったガスブロのシアースプリングの調整が箱出しでダメダメでマトモに動かなかった事があり
購入したショップさんでも直せなくて結局自分であーでも無いこーでも無いとか直せた頃にはガスブロの構造を完璧に理解出来ていた良くも悪くもある思い出が蘇ります('A`)

私は家電や玩具は他の人に比べていわゆる「ハズレ」が多いんですよね
恐らく自分で直せるからハズレばっかりやってくるんだろうけどw
やっぱりマルイさんには安定高品質でいて安価を求めてしまうので動作には関係の無いゴミですがもう少しだけ頑張って欲しいと思います

脱線した話しをもどします



画像は使い回しですがこのハンマーのベアリングが矢印方向に押し込まれてコッキングされます
シャーシのレールとの最終的な高さを見ると約1mm程レールから下に押し込まれないとコックされないので
ブリーチの出っ張りの高さは決して変えてはいけません

その点だけ注意してテーパーをつけて仕上げに1000番のペーパーをかけて組み付けます

一応マガジンを人肌程度に温めて動作確認してみます(あ、ガスブロの動作確認は何時も同じ位に温めてからの確認をしていますよ)

軽いっ!
速いッ!
重い!!!

です('∀`)b

コッキングの固さは箱出し比で半分位になりスライドの動きは手首にガッ!っと重さが伝わって来るほど速くて鋭いものになりました

前回の記事と合わせて擦り合わせ等特に行って無いですがすこぶる快調ですね
15mmシリンダーの実力は伊達じゃ無いです
夏が楽しみで仕方なくなってしまいましたがもう初冬を迎えてしまうと言うw

一応書いて置きます
スライドをコックしてゆっくり戻すと必ず引っかかるのですがそこが上記で説明した「出っ張り」の部分です
恐らくですがここの引っかかりが緩くなってきた頃にはコックが掛からなくなる前兆かと思います

では良いトイガンライフを。。。

何時も通り自己責任で
今回ばかりは慎重に何度も現物合わせを行いながら作業して下さいね('A`)
削り過ぎたら修正出来ないかもです
壊れてもしらないんだからねξ゚⊿゚)ξ

あれからひたすらカチャカチャとスライドを引いたりハンマーを動かして擦り合わせをしてみました
結果コッキングは箱出し比で1:4程度で落ち着きました('∀`)ヤター

ここまでスライドの抵抗が改善されるのであればスライドリターンスプリングに嵩上げのダンパー等入れても良いかも知れませんね
そうすればスライドがリターンする際の引っかかりも無くなるかもですね
現時点でマルイ最新のガスブロなので性能を最大限引き出してやればお座敷でもゲームでもとても良い銃になると思います




同じカテゴリー(自作)の記事画像
マルイ M&P9 カッチカチのコッキング
余り物SR−16で簡単クッキング2
余り物SR−16で簡単クッキング
次世代 M4 黒染め3
次世代 M4 黒染め2
KG9 電動化 5
同じカテゴリー(自作)の記事
 マルイ M&P9 カッチカチのコッキング (2014-11-19 12:44)
 余り物SR−16で簡単クッキング2 (2014-10-24 20:37)
 余り物SR−16で簡単クッキング (2014-10-24 12:03)
 次世代 M4 黒染め3 (2014-09-26 19:49)
 次世代 M4 黒染め2 (2014-09-25 12:51)
 KG9 電動化 5 (2014-09-01 12:10)

Posted by すなぼ  at 12:44 │Comments(0)自作カスタムシューティングM&P評価

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。