スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年09月01日

KG9 電動化 5



はいっ!ビール片手にエアガンのカスタムを酒の肴にして超適当にブログ投稿しちゃうすなぼです
サムネで釣られた方申し訳ないがあれは当てがったり乗せただけの未完成品だ('A`)
もちろん反省はしていない

では早速現在のKG9の状態を

前回の記事でガンスミスの先輩であろう方に助言を頂きコッキングレバーでセレクトする方向で決めました



コッキングレバーでセレクトするので純正ダミーボルトカバーにセレクターを連動させて使おうかと詮索しましたが
純正のダミーボルトカバーは余りにも分厚く使えそうにありませんし
ダイキャストっぽいので薄くした所で割れそうです

それに画像の様にアッパー側のセーフティの位置に合わせると変な隙間が空いてしまうので余り使いたく無いので新規で作り替えてしまいます

セレクタープレートとの連動は後で何とでもなると思うのでとりあえずボルトカバーから



何処の家にも転がっているスチールパイプです
恐らくそれなりの薄さになるだろうから強度のあるスチールを選んでみました
コレを元のダミーボルトカバーから採寸して切り刻んで行くのですがただ同寸法にするのではなく
上で出てきた隙間を無くす為に外周を多く取ってセーフティ側にスライドさせても隙間が出来ない様にしました



んで切ったものがこれです('A`)
まだタダの鉄くずですね

カバーのベースは何と無く出来ましたが問題はメカボックスとアッパーのクリアランスが取れるかどうか。。。





どうやってもクリアランスが取れないのでver.3メカボのトップを削りまくりましたです
メカボ上部の凸凹が無くなってツルツルです
分かり易い様に比較画像を載せてみましたが違いがわかりますかね?

これ以上はシリンダーが取れてしまうだろう位に削り込みましたが組み込んでみるとまだ0.8mm程分厚くてカバーが動きそうにありません('A`;)
結構な厚みだ

なので例のカバーの内径を減らしたいのですがここ迄来て無駄に依頼や仕事が多くて前に進んでいません

orz

まだまだつづく
  

Posted by すなぼ  at 12:10Comments(2)自作KG9電動化

2014年07月11日

KG9 電動化 4

お待たせしました('A`)b

久々のKG9電動化記事です
時々お気に入り先の閲覧ついでにブログの管理画面から訪問者数とか検索キーワード等を確認しているのですが
日々訪問者が2、30に対してページの閲覧数が50程あるので少しでも参考にして頂いている方が居る様で何よりです\('∀`)ノ
私も色んな方のブログを読んで学んで来た1人ですからこのブログがその様に読まれて居るのかと思うと嬉しさでつい口元がほころんでしまいます。。。///

いや実際はどうか知らないけどねw

では再開します



まず前回の記事で切り出したメカBOX先端辺りのパーツをそれ単体でフレームに固定出来る様にしました
ここには元からのロックピンがあるのでそれを生かす為に中のトーションバネを上手く配置し直してロックピンが抜けない様にしています

(トーションバネってのはマルゼンさんのM870とかのピンを外すと中に銀色の棒が見えますがあれです
メカボックスの中でバネになっていてピンを指すと窪みにはまり込み抜け防止に一役買っているんですよ)

画像でも確認出来ますが銀色の支柱はチャンバーを固定する為のもので
支柱の下にはナットが仕込んでありもちろんきっちり固定が出来ます



チャンバーは強固に固定されますが簡単に分解出来る様にプラスのネジ2本のみで固定されます
これならチャンバーを外すだけで給弾ルートを掃除出来ますし作った後のメンテもバッチリですね



まだ微調整するかもなので汚い状態で見にくいかもですが良く目を凝らして下さいw

チャンバーが固定出来たので後はマガジンと繋ぐだけです
あらかじめある程度寸法や角度を合わせておいたルートを画像の様にはめ込んで固定

あ、マガジンは中身の固定が済んでいませんが球を入れて多弾マガジンとして一応使用出来るのでこの時点で試射出来る様になりました

('A`;) (まだメカボックス組んで無いんだよね。。。)



メカ部分は何とでも出来るんで後回しにして側を組むのに問題がある部分を先に何とかします
KG9にver.3メカボックスを入れるとアッパーをつけた時にメカボックスの上辺がアッパー内部ギリギリに収まるんです
固定をちゃんとしていないのでちょっと斜めってるけど画像のチャンバーとメカボックスの位置を比べるとチャンバーのが高いですよね?
これでは上手くアッパーがハマらないので思い切ってチャンバー上辺を少しカットします
寸法にして1mm程減らしましたが動作や強度には問題無い部分です



一緒位になったでしょ?
これでアッパーをはめ込んでもちゃんとメカ部分が収まるようになりました

外観の問題点の最後としてKG9の記事に良く出てくるかまぼこの固定を何とかしますね
構想はメカボックスを入れた時点で出来てましたが多分何回も開け閉めするだろうと最後まで残していました



元はピンで留まっていましたがやはりココまで凝ると欲がでます
カマボコのピンの穴を一旦埋めてタップを切って
さらにアッパーに座繰りを入れて皿ネジを使って強固に固定しました



まだグリップエンドの処理とかバッテリーの収納場所とか案や悩みは沢山あるけど作業出来ていない所もあるので今回はココまでです('A`)

一番の悩みの種。。。そう!
「電動ガンならセミフル使い分けたいじゃない」
ってのが残っています
もともとKG9 もとい実銃ではTEC-9はセミオートの銃でギャングやらマフィアやらが改造してフルオートで使用していた様です
なのでセレクターは銃本体に存在しません
ココを見た目を崩さないで切り替え出来ないかなーと
脳内変換でギャングの銃でフルオートのみでおkとか簡単な方に逃げたく無いのでしばらく思案してみます

続く

カスタムや調整は自己責任でお願いしますね
では  

Posted by すなぼ  at 15:54Comments(2)自作マルゼンKG9電動化

2014年06月04日

KG9 電動化 3



時間が出来たのでちょっと再開
一番難しい給弾ルートの作成を考えると
メカボックスの固定

マガジンの位置出し

チャンバーの固定

給弾ルートで繋ぐ
がベストに思え例のカマボコ(記事後半)が入る様に手作業にて耐水ペーパーで削り込みました。。。



コレもやはり終焉の無い無限の時間を感じながら全身の穴と言う穴から(ry
出来ていた('∀`)

と言うのは冗談ですがメカボックスの後端のサイズを測ってその分だけサンダーでザッとさらってヤスリでコンマ単位まで綺麗にしてやりました
「全体的に薄くしたら簡単なのに」って思う方もいるかも知れませんが何故この形なのかと言うと



元の作りが画像に見える穴にピンを左右から差し込んでカマボコに固定される仕組みだからです
全体的に薄くしたら固定部分が無くなってしまうからね
新規のパーツで作っても良かったのですが質感が変わったりと何か違う感じがしたのでココは頑張ってみました
ですがこれでもピンでは固定出来なくなったので後で埋めてネジで固定する様にします
とりあえず目的はメカボックスの固定ですから



で、メカボックスの固定は出来たのでチャンバー部分です
ココも元のKG9のメカボックスを切り出してベースとしてやります
ここを使えば純正のロックピンが刺せるし分解も出来るしと良い事ずくめですから



チャンバーが固定出来る様に現物合わせでメカボックス先端のパーツをカットして行きます
こんな感じでもある程度フレームに組み込めば形になっちゃったり('∀`)



この状態で固定してないのでガタガタしますがチャンバーが抜ける事はありません
ココも後で微調整するかもなんでとりあえず置いて起き



お待ちかね!給弾ルートパーツです
これはKG9のマガジン内部から切り出したモノをマルイウージーのマガジンリップに合わせる様に加工したものです('∀`)ノ
これでS字にルートを作ってマガジンとチャンバーを繋げてやれば撃てる様になります



が、他のカスタム依頼があったり仕事や用事と集中出来る纏まった時間が取れないのでこの状態で放置

時間が欲しい。。。(;A;)
あ、ついでにお金もw貧乏暇なしとはこの事かな?

自作やカスタムは自己責任でお願いしますね
つづく








  

Posted by すなぼ  at 11:04Comments(0)自作マルゼンKG9電動化

2014年05月14日

KG9 電動化 2

GW前〜今週初めまでいきなり決まった引越しがありエアガン自体全くさわれ無かった次第ですが気を取り直して何とかKG9電動化の再開です('A`;)

電動化自体やる事は沢山ありますが
時間も空いたりしてやる気がなくなったりしても気を引き締めて少しずつ丁寧にきっちり作業してやりますよ
でも最高はやる気が無くなったら触らないのが良い物を作る秘訣ですねw



メカボックスが入るとマガジンがメカボックスに干渉して中途半端にしか刺さらなくなります
なので後で作る給弾ルートとチャンバーの固定を考えて先にマガジンの加工から

先にマグキャッチをしっかり加工してマガジンがガッチリ引っ付けば給弾ルートも綺麗に出来るかと思います



面倒臭い当たり前ですがマグキャッチを新規で作るのは現実的じゃないので元のメカボックスから拝借します
一応電動のメカボックスに干渉しない範囲位でザックリとノコで切り出します
ここら辺は多めに適当に切って後でヤスリで微調整するので大丈夫!
固定は純正のピンがあるのでそれを利用すれば問題無し

ですがいざ組み込んでみるとガタガタしてマガジンが引っかかってしまいます
なので



フレーム側にセロハンテープを貼って切り出したマグキャッチを仮組みしてプラリペアで固定してやろうと思います
セロハンを貼るのはメンテを考えて分解出来る様にフレームに固定しない為なんですよ



マグキャッチのパーツにプラリペアを流してマガジンを刺して固まるのを待ちます
固まったら一旦分解してセロハンを外し組み直してマガジンがスムーズに引っかかるか確認してキツければ削りユルければ盛るを納得行くまで同じ作業を繰り返してやります
納得が行く状態になったら固定のピンがキツくなる様にあえて少しだけプラリペアを盛ってやりギリギリピンが入る様にすればピンの脱落防止になりますよ
あ、マガジンの上がぶった切ってあるのは





マルイ ウージーの純正多弾マグを使う為にKG9純正マガジンを合わせた為です
全長は短くなったけど刺せば外観は変わらないのでこれがベストかな〜と



これでマガジンの固定だけ完成しましたw

まだ引越しの荷解きが残っているのでボチボチの不定期更新ですが続きます('∀`;)
  

Posted by すなぼ  at 17:55Comments(0)自作補修マルゼンKG9電動化