2014年09月23日

次世代 M4の黒染めに挑戦

先ずは現状を
KG9のダミーボルトカバーの加工に失敗しました('A`;)
と言うか新規に作った試作パーツの強度が高すぎて厚みを減らすのに萎えてしまいました。。。
って事で今は切り出す前の元のスチールパイプの状態で旋盤に出しています
ビールと一緒にねw

そこで多忙ながらもボケ防止にと空いた時間に







厚ぼったい次世代のフレームの塗装をちまちま剥いでバーチウッドのアルミニウムブラックなる黒染めの溶液へ適当にちゃぽんっと漬けて遊んでみました
なんせ予備知識も少なめに初めて作業するのと水仕事そして時間との勝負という事で肝心の画像が全然ありませんw
「とりあえずビール!」くらい適当に入れてみた感じだ

んで最後の画像を見てもらうと分かりやすいのですが染めがムラでとても見られた状態ではありませんでした('A`)
はじめは全体が綺麗に染まって行くのですが途中から染まりに差が出てきて
隅の方は濃い黒になっていて面の所はムラがあり薄いし
黒く染まったか!?と思えた所も溶液から出して反応を止める処理をしてみるとなんか白い筋みたいのがあったりと散々な結果に

ショックのあまり画像は無い

で結局いつも通りキャロム ブラックスチールに頼る事になりました('∀`)テヘヘ
それでも全部染めを剥いで綺麗に仕上げて塗装しているので時間はそれなりに掛かってますorz

しかしこの程度で黒染め道を諦めるわけには行きません!!
黒染め液勿体ねぇー真の黒染めは一日にして成らず。。。です

「あ!そうだ!慣れるまで小物パーツで練習しよう('∀`)ノ」

初めからそうしろとw

気をとり直して焼き付けであろう塗装をヤスリやペーパーを使って番手を気にしながら仕上げ
ちゃぽん。。。
時にチャーハンだったりアシストノブだったりをピカピカにしては
ちゃぽん。。。

染めてはムラになったり薄く汚っかたり染めすぎてただの錆になったり(;A;)
そしてまた剥いで染めての染め沼のどん底まで沈んだりもした
もう幾ら繰り返したんだろうって繰り返した結果






だいたい綺麗に染まれば良いという事に気付いてしまった('A`)
要は仕上げ次第なのだと。。。ふふふ



フレームに刺してみただけのアシストノブですが良い質感になったと思いませんか?
どうやら仕上がってからの磨きの方が最終的な仕上がりの決め手の様で合金の割合をある程度読んで鉄とアルミの染め液を配合して黒めに染めてしまえば多少のムラは無視しても良い感じ?でしょうか?
後でレタッチも出来るしね('A`)

基本は液を水で2倍に希釈して液に浸けるのは一回3秒位で3回程度迄
明確な基準わからないが浸け過ぎると白い筋が出来る
合金は鉄とアルミの染め液をだいたい3〜4:1位で作る
染める面の磨きは鏡面仕上げで凸凹のパーツでも出来るだけ差が出ない様にして
しつこい位脱脂したのち乾燥させてから染める

等です

こればっかりは経験を積まないとどうしようも無い作業ですのでこれからもちょくちょく続けて行きたいと思います
いい加減例のアレも早く完成させないとと思うのですが。。。ねぇ。。。

※私はバーチウッド様の説明に毒物との表記がありましたが素手での作業をしたり
予備知識少なめに作業しましたがこの記事を見て黒染めに挑戦して起こった結果に責任は一切持ちませんので
全て自己責任にてよろしくお願いします('A`)ゝ

この記事を連投していた事に今気が付きました('A`;)
ミリブロのサーバー負担申し訳ありませんでした
記事は速やかに削除致しました('A`)ゝ



同じカテゴリー(失敗)の記事画像
次世代 M4 黒染め2
同じカテゴリー(失敗)の記事
 次世代 M4 黒染め2 (2014-09-25 12:51)

Posted by すなぼ  at 21:21 │Comments(4)失敗補修塗装次世代M4

この記事へのコメント
液は温めましたか?40~60度くらいに温めた方が反応が良くなりますよ。
(本当は液と染める物両方暖めるのがベストです。)
Posted by タケ at 2014年09月23日 22:25
タケ様ありがとうございます('A`)ゝ

本当に初めてですので何も気にせずやってみました
やれる事はやってみたいタチでしてネットで温めろってのを全く無視してただ結果が見たかったってのが今回の記事の本音ですw
次回からはタケ様のご指摘の通り温度管理も取り入れてどんな風になるか楽しみにしながら作業してみたいと思います
わざわざ貴重な情報をありがとうございます('∀`)ノシ
Posted by すなぼすなぼ at 2014年09月23日 22:34
やっぱりフレームとかみたいな磨きムラが出やすいものって染めにくいんですね。
ところで、やっぱり染めたものは黒ではなくガンブルーに近い感じになるんですかねぇ。真っ黒は難しい?
Posted by ネヴリンネヴリン at 2014年09月24日 12:07
>ネヴリン

わかる範囲で答えますと
綺麗に磨いて濃いめの液に一気に浸ければ真っ黒にはなるよ
材質がアルミならアルミブラックでブルーっぽくはなりますが
バーチウッドの染めは今回の記事の画像にあるように(チャーハン部分)
基本茶色系の膜を重ねた黒なんでコルトのロイヤルブルー
みたいな色を出すのは難しいです('A`;)
綺麗な青を出すのに実は成功してるけど材質がスチールじゃないと上手く行って無いと言うねorz

何にせよ素材の混ぜ物の具合で色んな色味が出るので違った素材を同じ風合いに仕上げるのはまだまだ経験が足りなそうです('A`)
Posted by すなぼすなぼ at 2014年09月25日 11:54
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。